SPONSORSHIP

サポート企業

© 一般社団法人 太陽とこどもプロジェクト

太陽とこどもプロジェクトとは

様々な困難や手助けの必要な環境にあるこどもたちに、スポーツや文化活動の『体験』を通して輝く笑顔と夢や希望を抱く出会いをプロデュースしていくプロジェクトです。

虐待からこどもを救おう、子育て中のお母さんを応援しよう、という認識は共有されつつありますが、まだまだ足りていないのが現実です。こどもに対する虐待行為の件数、児童相談所への報告数は年々増え続けており、現在、虐待によるこどもの死亡事例は年間50件超えており1週間に1人のこどもが命を落としているのです。我々「太陽とこどもプロジェクト」はそのような現状を変えたいという思い、虐待にあったこどもたちが平穏な日常を取り戻し少しでも笑顔になれるよう、スポーツイベントや、プロのスポーツ選手との交流イベントなどを企画運営しております。

​発足のきっかけ

こども達の夢や目標の後押しをしたい
 
「太陽とこどもプロジェクト発足」 目的は、虐待を受けてるこども達を無くす事。 スポーツや教育、アートなどの素晴らしさでこども達の夢や目標の後押しする事。 10年前に食道ガンと言われて、その時たまたま、TVをつけて「赤ちゃんポスト」という存在を知り、仕事に没頭して自分の周りの事しか気にかけていない生活をしていたため、かっこ悪いという事を痛感させられました。その後、施設を巡りクリスマスに親と過ごせないこどもたちにプレゼントを配る活動を始めました。私の活動を知ったあるプロアスリートから、一緒にこども達の所を周りたいと言ってくれたんです。 私は、正直そのアスリートとは6年前から知っていて物凄く多忙なのを知っていたので彼が本当に来てくれるなんて思ってもいませんでした。 しかし、彼は物凄く本気で、絶対に行くし、こども達と触れ合うのを楽しみにしてるとまで言ってくれたんです。 その時、こども達の喜ぶ顔が目に浮かび上がってきました。私は、彼と一緒にこどもたちに触れあって夢を諦めない事を伝えていこうと決めました。
 
こども達の笑顔
 
私の住んでいる北海道だけではなく全国のこども達に沢山の夢や喜びを感じてほしい。その為に組織を創る事により沢山の先輩達から知恵を借りて色々な事が出来るのではないか? そんな思いから日本一の教育スクールを展開するリーフラスの伊藤社長のご助力頂き、地元北海道のサッカーチームコンサドーレにも協力頂きクリスマスに初のイベントを開催しました。 招待した施設のこども達は最初は表情が強張っていたのですが、プロのアスリートにサッカーを教わったり勝負をしたり、帰る時には素晴らしい笑顔が溢れていました。 私は、施設のこども達と触れ合って10年目になるのですがこんなにも表情が変わる瞬間を見たのは初めてでした。 その笑顔を見た時、正直涙が出そうでした。 また、未来のある地元の少年サッカーチーム8チームも招待し大会を開催しました。直接選手と触れ合う彼らの表情もまた素晴らしい笑顔でした。 私からは、親御さんに親のサポート1つでこども達は大きく影響を受ける事、夢を壊す台詞「貴方には出来ない、無理だよ」などの台詞を言わないよう努力すること。こどもたちの意見を尊重し勇気づけるサポートをお願いしました。辛い経験や壁にぶち当たっても諦めず乗り越えることができることを伝えました。 第一回目のイベントなのに大成功したのはたくさんの方々のおかげです。 ありがとうございます。
きっかけをくれた石川遼選手
 
そして、こんな素晴らしい会を創るきっかけをくれて、理事にまでなってくれた心優しい石川遼選手、彼がいなければ本当に、こんなにも沢山のこどもたちが笑顔になる事はありませんでした。彼の優しさ本物!彼はいつも、《自分が辛い悩みのある時でさえも人に優しいんです》人間的強さを伝えるにはここだけでは足りないのです。感謝しきれない程、感謝してます。 本当にありがとうございます。(2018年12月23日)
ABOUT US

目指すこと

主な活動内容

ACTIVITIES
ACTIVITE REPORT

活動報告

活動報告

イベントに参加してくれたこども達からお手紙が届きました。